Anker、Thunderbolt 4搭載のドッキングステーション2機種を発売

last update 2021年8月26日 10:00

Anker は2021年8月26日、Thunderbolt 4 ポートを搭載したドッキングステーション2機種を発売しました。

それぞれの価格とセール情報は以下のとおり。

  • 「Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」
    → 34,980円。ただし、300台限定で Amazon ポイント15%付与
  • 「Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dock」
    → 24,980円。ただし、300台限定で Amazon ポイント20%付与

(※価格は税込)

「Anker PowerExpand Elite 12-in-1 Thunderbolt 4 Dock」の搭載ポートと特徴

搭載ポートは以下のとおり。

  • 最大90W出力、40Gbps 対応の「Thunderbolt 4」ポート x 1
  • 最大15W出力、40Gbps 対応の「Thunderbolt 4」ポート x 2
  • 最大20W出力の USB PD 対応 USB-C ポート x 1
  • 1Gbps イーサネットポート x 1
  • SDカードスロット(UHS-II)
  • HDMIポート x 2(4K対応)
  • USB-A ポート x 4
  • 3.5mm オーディオジャック

Thunderbolt 4 ポートは最大8K 30Hz、HDMI ポートは最大4K 60Hz の出力が可能。外部モニター出力は最大3つ。(※macOS では、HDMI 接続時はミラーモードとなる。)

「Anker PowerExpand 5-in-1 Thunderbolt 4 Mini Dock」の搭載ポートと特徴

  • 最大85W出力、40Gbps 対応の「Thunderbolt 4」ポート(アップストリーム) x 1
  • 最大15W出力、40Gbps 対応の「Thunderbolt 4」ポート(ダウンストリーム) x 3
  • USB-A ポート(USB 3.1 Gen 2 対応) x 1

単ポート利用時、Thunderbolt 4 ポート(ダウンストリーム)からは最大 8K 30Hz での出力が可能。同時に2画面の 4K 60Hz の出力も可能とのこと。

いずれの製品も、対応機種は Thunderbolt 4 ポート対応の Windows 10 ノート PC(Intel Evo Platform)、および macOS 11 (Big Sur) 以降の MacBook。

M1 チップ搭載の MacBook には対応しないため注意が必要です。

コメントを記入