Anker、Android TV 10.0対応のストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を販売開始

last update 2021年10月6日 10:00

Anker は2021年10月6日、Android TV 10.0 を搭載したメディアストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売しました。

価格は8,980円(税込)。ただし、Amazon 初回セール情報として、300台限定で7,980円で販売されます。

「Nebula 4K Streaming Dongle」は、Android TV 10.0 を搭載した 4K UltraHD(75fps・HDR 10)に対応したメディアストリーミング端末。

HDMI でテレビと接続することで、大画面でネット上のコンテンツを楽しむことができるデバイスです。

付属のリモコンには Google アシスタント用ボタンが搭載されるほか、YouTube、Amazon Prime Video、Netflix などを直接呼び出せるショートカットボタンも用意。その他にも、Android TV 10.0 対応みのアプリで様々なコンテンツを楽しむことができます。

Chromecast にも対応するため、手持ちのスマホやタブレットからテレビへのキャストも可能。

Dolby Digital Plus 対応で迫力あるステレオサウンドを楽しめるとしています。

主な仕様は以下のとおり。

  • サイズ:約5.6×5.6×1.5cm
  • 重さ:約37g(本体のみ)
  • OS:Android TV 10.0
  • Bluetooth:Bluetooth 5
  • RAM:2GB
  • ROM:8GB
  • 対応機能:Google アシスタント、Chromecast
  • 端子:HDMI 2.1、Micro USB(本体給電用)
  • 付属品:Dongle、リモコン (単 4 形電池×2) 、USB 充電器、Micro USB ケーブル、HDMI to micro-HDMI ケーブル、クイックスタートガイド

Anker 初のストリーミングデバイスということで、久しぶりに Android TV をもう一度使ってみようかな、という気にさせられる端末と思います。

コメントを記入