【Googleマップ】自分のクチコミを一覧表示させない方法

last update 2021年11月17日 16:26

飲食店の評判を調べるとき、最近は「食べログ」より使っている、という方も少なくない Google マップのクチコミですが、自分が書いたクチコミを他人が一覧でまとめて見れてしまうのをご存知ですか?

自分自身を積極的に売り込みたい方なら、敢えて、非表示にする必要もありませんが、自分の生活圏や行動圏を容易に知られる恐れがあるセンシティブ情報、ということで、気になる方向けにクチコミの一覧表示だけを非表示にする方法を紹介しておきます。

Googleマップで自分のクチコミを一覧表示しない設定

Google マップで自分のクチコミ一覧を表示しない設定は以下のとおり。

「Google マップ」アプリを開き、検索窓の右にある自分のアイコンをタップ。

「設定」を開き、

「個人的なコンテンツ」を開きます。

ここから先は、アカウントの状態により設定項目が異なります。

下の方に「制限付きプロフィール」という項目がある場合はチェックを入れてください。

下の方に「プロフィールに投稿を表示」という項目がある場合はチェックを外してください。

設定は以上です。

これで、自分をフォローしていない人がクチコミ一覧を見ようとすると、「このプロフィールは閲覧が制限されています」と表示されるようになります。

なお、この設定後も、自分の書いたクチコミは消えてはいません。各店舗のクチコミを開けば誰でも自分が書いたクチコミを見ることができますし、また、設定を戻せばクチコミ一覧が表示されるようになります。

犯罪者への対策に

近年、サイバーストーカーガスライティングなどの犯罪行為を繰り返す加害者が、Google マップのクチコミ一覧機能で被害者の情報を収集、悪用するケースが後を絶ちません。

このような被害に遭わないためにも、予め、クチコミ一覧を非表示にしておくのは合理的な行動と言えるでしょう。

飲食店レビューは街を盛り上げる重要な要素の1つですが、このような嫌がらせ行為により、レビュワーの投稿意欲が削がれ、街が盛り下がったり、飲食店の自浄作用が弱まることは大変残念です。これらの行為は、長期的に見て、街全体のためにならないことでしょう。いやはや、本当に残念でなりません。

飲食店は「体を作る元となる食品」を摂取する場所です。信用できないお店を避けることはもちろんのこととして、ネットで悪意を表明した事のある人間がこのような方法で被害者のよく行く飲食店を認識していたり、また、悪質なケースでは繰り返し自宅周辺や隣接市区町村に現れるなどの問題行動に出るケースもあります。

このように常軌を逸した行動を取る人間から、現実世界で話し掛けられたり、最悪、危害を加えられてしまう、なんてことも実際に起こっているわけで、防犯上の観点からも、加害者には情報を出さないこと、また、邂逅を避けることが、大変重要になってくるわけです。

なお、このような犯罪に巻き込まれた場合、加害者とは決して直接やりとりをしないこと、そして、早め早めに警察や弁護士などに相談しておくことが大変重要です。

コメントを記入