【Android】GMail、LINEなどの通知が遅れるときは「通知の自動調整」「拡張通知」も確認しよう

last update 2021年11月19日 15:09

Android で通知が遅れる場合、まず最初に確認したいのは「電池の最適化」です。

が、この設定を確認しても通知が来たり来なかったりする場合は、「通知の自動調整」または「拡張通知」も疑った方が良い、というお話をしておきます。

「通知の自動調整」「拡張通知」とは?

「通知の自動調整」は Android 10 から導入された機能で、AI がアプリの種類・利用状況から自動判断して、通知を減らしたりサイレント通知にしてくれる機能です。

Android 12 以降では「拡張通知(英語版では Enhanced Notification)」という名前の機能になっています。

「通知の自動調整」「拡張通知」をオフにする方法

設定方法や項目名は、Android のバージョンや機種によって変わります。適宜、各自の環境に読み替えてください。

Android 10、11の場合

「通知の自動調整」をオフにするには、Android の「設定」アプリを開きます。

検索窓から「通知」と検索し、「通知の自動調整」または「通知を最適化」を探して開きます(環境によって名前は変わります)。

「なし」に設定します。

設定は以上です。

Android 12以降の場合

Android 12 以降の場合、「設定」→「通知」を開き、「拡張通知」のトグルボタンをオフにします。

設定は以上です。

例外的ですが、手元の端末の中には、Android を再起動すると設定が元に戻ってしまう機種もありました。具体的には Xiaomi の MIUI 12 端末ですが、プレーンな Android なら ON / OFF の 2択のところが3択になっていたので、多分、MIUI 独自のカスタマイズ設定が初期状態なのでしょう。

コメントを記入