Androidの画面・音声をPCにミラーリングできるアプリ「scrsndcpy」

last update 2022年7月14日 0:00

PC で Android の画面を見たり、音声を聞いたり、また、画面操作もできるミラーリングアプリ「scrsndcpy」を紹介しておきます。

ゲームや業務など、Android スマホと PC を交互に触るのに大変便利なアプリで、応用すればスマホの画面と音声を Zoom の画面共有で映す、なんてこともできます。

「scrsndcpy」の特徴とダウンロード

「scrsndcpy」は、以前紹介した「scrcpy」と「sndcpy」という2つのアプリの機能を統合、さらにコマンドラインオプションを GUI から設定できるようまとめたアプリです。

画面のリサイズ禁止指定やビットレート、FPS、バッファなどの細かな設定を GUI から設定できるため、音声のミラーリングが不要な方にも大変便利になっています。

ダウンロードは、リンク先 GitHub 画面右の「Releases」から。

利便のため、2022年7月11日現在の最新版「v1.3」のリンクも張っておきます。

現時点での動作確認環境は、Windows 10 64bit Home。ただし、音声ミラーリングには Android 10 以降が必要です。

事前準備と使い方

事前準備として、まずは PC と Android を ADB 接続できる状態にしておく必要があります。

この設定は以下のとおりです。

  1. Android の「開発者向けオプション」を有効化する
  2. Android の「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」機能を ON にする
  3. ADB ドライバをインストールし、Android と ADB 接続できる状態にしておく

あとは、Android と PC を USB 接続し、scrsndcpy.exe を実行 →「Screen Sound Copy」ボタンを押せば、

こんな感じで PC に Android の画面・音声がミラーリングされ、直接操作もできるように。

USB だけでなく Wi-Fi での ADB 接続にも対応しています。

本家「scrcpy」同様、横画面のゲームアプリ等では自動的に横長ウィンドウになります。

スマホ側に十分なスペックがあれば遅延は少なめ。とはいえ、多少のラグはあるのでリアルタイム性の高いゲームで相手に勝つのには向いていませんが、ポチポチゲーくらいなら問題ないケースが多そう。

重めの 3D ゲームでもデイリーをこなす位ならできそうなので、スマホ・PC 両対応のゲームで再ログインを避ける目的でも便利そうです。

「Config」ボタンからは各種設定も可能。

個人的なオススメは「画面のリサイズを禁止する」を ON。操作中、ウィンドウサイズが変わってしまうのを防ぐのに便利です。

また、「最大サイズ」を調整したり、「ビットレート」指定で画質を調整するのも簡単です。

「Wakuoo(ワークル)」という Android エミュレーターの「Wakuoo Mirror」という機能でも画面・音声のミラーリングが可能ですが、手元の環境では「scrsndcpy」の方が相性問題が少ない印象。

「Wakuoo」が動作しない場合は、今回の「scrsndcpy」や、もっとシンプルな「scrcpy」「sndcpy」を個別に試す手もあります。

余談ですが、手元の端末のうち rooted な1台だけ、音声が出ない症状が出ましたが原因は不明。(その他多数の端末では問題ありませんでした)

[sndcpy_start.bat] 
sndcpyに接続します
adb connect 192.168.XXX.XXX:5555
接続に失敗しました...

とはいえ、問題が出ている端末でも画面の表示・操作は問題ないこと、また、設定が GUI で簡単にできることから、メインのミラーリングアプリとして使わせていただいています。

(C) LEVEL-5 Inc. (C) Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.

コメントを記入