last update

ショートカットキーで簡単にウィンドウ分割できるソフト「Winsplit Revolution」

ecran

最近は珍しくなくなった高解像度ディスプレイですが、広い画面を持て余している人もいるのではないでしょうか?

そういう時に便利なのが Windows 7 以降の Aero スナップ(Winキー + 矢印)ですが、これを Win 2000 / XP / Vista でも使いたい!とか、Aeroスナップだと左右2分割しかできないので、もっと3分割とか4分割とか9分割にもしたい!とかとか。

そんな時にオススメなソフトが「Winsplit Revolution」です。

※2012/7/10 リンク切れ修正対応

ダウンロード

ダウンロードは以下URL → Download へどうぞ

対応OSも幅広く、Windows 2000 / XP / VISTA 32bit , 64bit となっており、手元では Windows 7 64bit Professional でも動作しています。

使い方のコツ

使い方のコツを書いておきます。

  • Ctrl + Alt + テンキー でウィンドウサイズ変更発動
    (テンキー以外も可)
  • Ctrl + Alt + ウィンドウドラッグ(位置移動)でスナップ
    (これはイマイチかも)
  • 主な設定は、「キー → アクション」(HotKey Settings)の対応付け、と 「アクション → ウィンドウの場所・サイズ」(Layout Settings)の対応付け、の2つ
  • 軽く使うなら「Layout Settings」設定だけで十分
  • 同キー連打でもレイアウトを変えられる
    (※ 以下、3枚目のスクリーンショット参照)
  • 設定のエクスポート&インポート可

スクリーンショットとちょっとした説明

設定はタスクトレイ→「Layout Settings」「Hotkeys settings」から。

設定のエクスポート・インポートは「Options」から。

Winsplit1

「Hotkey Settings」画面

「キー → アクション」の対応付け設定。

最初はテンキーへの割り当てがほとんどですが、これはこのままでいいんじゃないか。と。

Winsplit4

「Layout settings」画面

「アクション → ウィンドウの場所・サイズ」の対応付け設定。

一つのActionに複数登録すると、同キー連打で1→2→3→…の順に別レイアウトになる。

Winsplit2

「Add」・「Edit」で、ウィンドウ場所と、幅・高さを設定。

Winsplit3

Windows 7のキーボードショートカット集

参考までに

Windows 7 のショートカット キー – Microsoft
http://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/windows7.mspx

検索用キーワード:Quad, Quadrant, Quater

コメントを記入