ブラウザで拡大できないWEBサイト・画像を強制的に拡大する方法【Chrome】

last update 2022年10月25日 15:55

スマホのブラウザで WEB サイトの画像や文字を拡大できなくて困ったことはありませんか?

今回は、そういった場合でも強制的に拡大できるようにする設定方法を紹介します。

また、画像の場合限定ですが、設定なしで拡大できる方法も併せて紹介しておきます。

「Chrome」で「強制的にズームを有効にする」設定方法

まずは、Google のブラウザ「Chrome」で、ズーム防止のロックが掛かっている WEB サイトでも強制的にズームできるようにする設定方法から紹介していきます。

例えば、このサイトの商品画像はどうやっても拡大できませんが、

Chrome のメニュー→「設定」から、

→「ユーザー補助機能」

→「強制的にズームを有効にする」にチェックを入れれば、

WEB サイトを強制的に拡大できるようになります。

この方法なら、画像だけでなく、文章・文字も拡大できる利点があります。

また、レアケースにはなりますが、この方法だと予期しない動作をする一部の WEB サイトの場合は、次の方法を試してみてください。

画像なら「新しいタブで画像を開く」でも拡大できる

こちらは画像のみで文字・文章では使えない方法ですが、拡大したい画像をロングタップ →「新しいタブで画像を開く」で、

新規タブに画像が単体で開くので、ピンチアウトで拡大できるようになる、という方法もあります。

ブラウザの拡大表示ロックは WEB サイトの記述言語「HTML」で行われています。そのため、画像単体を個別表示すれば拡大できるようになるのです。

ただし、サイトによってはそもそも、画像をロングタップ → 別タブで開けない場合もあります。その場合は最初に紹介した方法を使うとよいでしょう。

コメントを記入