last update

X06HT (HTC Desire) で Bluetooth DUN を使う

今日、自宅の固定回線に障害が発生しました。

しかも、代替回線のポケファイまで人に貸しているというタイミングの悪さ。

というわけで急場しのぎに、手元のDesire + Bluetooth ダイヤルアップネットワーク(BT-DUN)を使って、ソフトバンク3G回線をテザリングしてみました。

これは、その時の個人的メモです。

最新版の記事があります

→「PdaNetでテザリング。の設定方法(Windows + Bluetooth)

(※APN指定したいなら、この記事もまだ参考になるかも。)

詳しい手順は以下から。

(※注 私は、X06HT にカスタムのFroyo(rooted)を導入しています。)

  1. PdaNet をAndroid端末にインストール
  2. PdaNet を起動し、「Enable Bluetooth DUN」をタップ
    PDANet_screenshot
  3. 「Bluetooth許可リクエスト」→「はい」
  4. PCから「Bluetooth ダイヤルアップネットワーク」でペアリング
  5. Bluetooth ダイヤルアップネットワークを、以下の構成で設定

    <追加のATコマンド>
    AT+CGDCONT=1,"IP","open.softbank.ne.jp"

    <電話番号>
    *99#

    <ユーザー名>
    softbankX06HT または、 opensoftbank

    <パスワード>
    K*************** または、 e***************

  6. PCから、ダイヤルアップ。

以上です。

要は、ATコマンドでAPNを設定し、電話番号は固定。あとは、APNのユーザー名・パスワードを入れるだけです。

私の環境(Windows 7 Professional 64bit 版)では、ペアリング設定を削除して、再ペアリングしないと、2回目は接続できなかったです。
→ 再ペアリングすれば3回目以降は問題無し。

Windows 7 の場合、右下タスクトレイのネットワークアイコン→ダイヤルアップネットワークの一覧、から接続・切断すると便利。

無料版 PdaNet は試用期間終了後 HTTPS 通信できなくなるそうです。不便なので、ちょっと高いですが有料版を購入するのがよいでしょう。
(なお、PdaNet の有料版を PayPal 決済する際は、HTTPS 通信できるようです。)

また、ソフトバンク3Gの通信速度制限に引っかからないよう注意も必要です。
(1.2GB/月 ≒ 1000万パケット/月 以上で翌々月から発動)

利用済みパケット数の算出

A … 確定前料金の「通信料 PCダイレクト確定前料金」(MySoftBankChecker での確認が楽)

  1. パケット単価 @0.08円の場合
    A × 12.5 = 当月度の使用済みパケット数
  2. パケット単価 @0.2円の場合
    A × 5 = 当月度の使用済みパケット数

→ 使用済みパケット数が1000万以下になるように!

あと、今回の使い方では、パケット定額の対象外になって、青天井の請求が来るかもしれませんので、ご注意ください。

私は、Bluetooth DUN が好きで、emobile 時代から数年来使っていますが、待機さえさせておけば、PC側からの操作のみで回線を接続・切断できとても便利です。

 

<関連記事>

X06HT (HTC Desire) への Froyo インストール手順

HTC Desire (X06HT) にインストールしたアプリ一覧

HTC Desire (X06HT) が面白すぎてもう。

コメントを記入