※この記事はアフィリエイト広告を含みます。

Kindle Fire HD,Paperwhiteの仕様を表にまとめてみた。日本でも予約開始

 

kindlefirehd_japan

米Amazon は24日、電子書籍リーダー「Kindle」の新型4機種を日本国内でも予約開始しました。

という事で、さっそく Kindle 各機種の価格・仕様をまとめます。

※この記事は一部更新する可能性があります。

※2013/9/4 Paperwhite の見出し修正
※2012/10/25 仕様比較と分かるタイトルに修正。時間が取れたので文章ブラッシュアップ

Kindle Fire/Paperwhite の発表概要

仕様の表の前に、まずは今回の発表の概要から。

今回、国内で予約が始まったのは以下の4機種です。

米国で発表済みの 8.9”版の Kindle Fire HD は、国内では 4G版・Wi-Fi版ともに発表されませんでした。

このため、国内で3G接続に対応しているのは、Kindle Paperwhite 3G だけ、となります。

Kindle Paperwhite 3G の3G回線は「回線契約不要・月額無料」ですが、米国版と異なり日本国内のみでの利用となるそうです。

また、国内であっても、コミックなどの大容量ファイルは3G回線ではダウンロード不可、など、利用制限があるので注意が必要です。

とは言っても、箱から出してすぐに使える点や、いちいちテザリングしなくてもよい点、そして月額費用無料というのはなかなか魅力的なのではないか、とは思います。

Kindle シリーズに関する Amazon 公式ページは以下。

Kindle Fire シリーズの仕様比較

Kindle Fire シリーズ各機種の仕様を表にしてみました。

(Kindle Fire と Kindle Paperwhite シリーズは別製品なので、分けて扱います。)

●Kindle Fire / Kindle Fire HD 仕様比較表

Kindle Fire HDKindle Fire
画面サイズ7インチ7インチ
スクリーンHD LCDLCD
解像度1280x8001024x600
マルチタッチ10点マルチタッチ2点マルチタッチ
プロセッサDual-core OMAP 4460
(1.2GHz)
Dual-core OMAP 4430
(1.2GHz)
回線デュアルバンド
デュアルアンテナWi-Fi接続
(5GHz / 2.4GHz)
Wi-Fi
WEBクラウド加速型ブラウザ Amazon Silk
内蔵ストレージ16GB(使用可能領域12.6GB)
or
32GB(使用可能領域26.9GB)
Amazonのコンテンツについては無料のクラウド・ストレージあり
8GB(使用可能領域約5.5GB)
Amazonのコンテンツについては無料のクラウド・ストレージあり
カメラフロントHDカメラなし
外部入出力MicroUSB, MicroHDMI, 3.5mmステレオジャック不明
Bluetooth対応不明(非対応だったような)
バッテリ持続時間連続11時間連続8.5時間
充電時間Kindle PowerFast充電器で4時間。
PCのUSBで約10時間。
Kindle PowerFast充電器で約3時間。
PCのUSBで約11時間30分。
サイズ(mm)193 x 137 x 103189 x 120 x 115
重さ395グラム400グラム
発売日2012年12月19日2012年12月19日
価格15,800円(16GB)
19,800円(32GB)
12,800円

 Kindle Paperwhite シリーズの仕様比較

●Kindle Paperwhite / Kindle Paperwhite 3G 仕様比較表

Kindle Paperwhite
3G
Kindle Paperwhite
画面サイズ6インチ
スクリーンPaperwhite、内蔵型ライト
解像度212PPI(推定1024x768px)
マルチタッチ2点マルチタッチ
プロセッサ不明
回線(3G)HSDPA(3G)
EDGE/GPRS(フォールバック)
なし
回線(Wi-Fi)802.11b/g/n
WEP,WPA,WPA2
WEBブラウザ(体験版)
内蔵ストレージ2GB
(使用可能領域約1.25GB)
Amazonのコンテンツは全て無料でクラウドに保存可
対応ファイルフォーマットKindle(AZW3)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。
HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応
カメラなし
バッテリ持続時間約8週間
(フロントライト明るさ設定10、無線なしで1日30分使用の場合)
充電時間約4時間
(PCのUSBから給電の場合)
サイズ(mm)169 x 117 x 9.1
重さ222グラム213グラム
発売日2012年11月19日2012年11月19日
価格12,980円8,480円

 

所感

海外では9月に発表・発売されていた Kindle Fire / HD, Paperwhite ですが、国内出版社との間で取り沙汰された契約絡みの紆余曲折を経て、ようやく日本でも正式に陽の目を見る事になります。

国内でのスマートフォン普及も一段落し、次の主戦場と目されるタブレット市場ですが、Nexus 7 の発売、iPad mini の発表に続く今回の Kindle 発表でようやく役者が出揃います。

個人的には7インチタブレットをもう持っているので、電子ペーパー端末なら追加で欲しいかなぁ。とは思っており、Kindle Paperwhite の入手を目論んでいたり…

気になる Kindle Paperwhite の使い勝手ですが、実は海外版が完全日本語対応しているので、輸入して書かれたレビューも結構見かけるんですよね。欲しい方は参考にすると良いかもしれません。

ちなみに、Kindle Fire HD の Android OS はカスタマイズがかなり入っているらしいので、個人的には Nexus 7 とか10月末に発表されるアレとかの方が好みだったりはしますが、でも、Kindle Fire HD のお値段はなかなかの魅力と思います。

国内でも Kindle Fire HD がかなり売れる。という話になると、アプリ開発者の方は持っておかないとマズい。という状態になりそうです。

Hatena Pocket Line

コメントを記入