Windows 8でPPTPサーバを立てる方法

secure-network_sizeXS

今さら PPTP かよ?という感はありますが、いちおう、Windows 7 まではできていた事なので、Windows 8 でもできるのか、単純な興味で試してみました。

試験は閉環境+Windows 8 Pro で行いました。Pro 以外でできるかどうかは知りませんが、普通やらないでしょうね。

※2012/12/6 タグ追加

Windows 8でのPPTP着信接続 設定手順

基本的には Windows XP / 7 まででも使えた設定方法です。

Win+Rキー →「ファイル名を指定して実行」で「ncpa.cpl」と入力 →「OK」

Windows8PPTP_5_sh

※「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「アダプターの設定の変更」でもOKです。

「ネットワーク接続」ウィンドウで ALTキー押し →「ファイル」→「新しい着信接続」

Windows8PPTP_6

「次へ」

Windows8PPTP_2_sh

使用するユーザーをチェックして「次へ」

Windows8PPTP_1_sh

IPアドレスやDNSサーバを指定する場合は「プロパティ」から設定。Win 8のDHCPサーバを使うならそのまま「アクセスを許可」

Windows8PPTP_3_sh

以上で設定完了です。

Windows8PPTP_2_sh

あとは、Windows だろうが、Mac だろうが、Android だろうが、PPTPクライアントからつなぎ放題。という感じです。

PPTPの安全性には問題も

認証時のウンタラとか、そもそも暗号強度がカンタラとかで最近めっきり聞かなくなった PPTP ですが、互換性目的とか検証用とかカジュアル用途の気休めに使われる予感がしたので、日本語でパッと情報が出てこなかった事もあり、記事にしてみました。

PPTP の認証には PEAP-MS-CHAP v2 を使うようマイクロソフトからお達しが出ていますが、もういい加減に観念してL2TP/IPsecとか別の方法を検討してもいいんじゃ?とも思ったり。

関連情報

この記事へのコメント(1件)

  1. JG1SYK says:

    7年前

    ProでないWindows8でも同様の設定でできます

コメントを記入