last update

Windows 8でWiresharkを使う(WinPcapのインストール対策)

Windows8Wireshark_9

Windows 8 に Wireshark をインストールしようとしたら、WinPcap インストール時に「このプログラムには互換性の問題があります」エラーが出たので、対策メモ。

そのうち正式対応してくれるでしょうが、それまでの仮対策です。

※2012/11/12 文章ブラッシュアップ

Wireshark は、非常に有名なネットワークアナライザで、ネットワーク絡みのトラブルシュートや学習にもってこいの無料ツール。

ダウンロードは以下から。

Wireshark · Go deep.

Windows 8へWireshark 1.8.3導入時エラーが

Windows8Wireshark_3

Windows 8 Pro へ Wireshark 1.8.3 をインストール中、WinPcap のセットアップ画面で、「This version of Windows is not supported by WinPcap 4.1.2. The installation will be aborted.」というエラーが発生しました。

また、エラーを無視してインストールを続行すると、パケットキャプチャ時に「There are no interfaces on which a capture can be done.」エラーが発生します。

Windows8Wireshark_10_sh

対処方法

以下の2点に注意してインストールすればOKです。

  • Wireshark のインストーラ(.exe)→ プロパティ→「互換性」タブ→「互換モード」を「Windows 7」に設定。

Windows8Wireshark_8

  • Wireshark インストール中に行われる WinPcap インストール時、「プログラム互換性アシスタント」画面で、「ヘルプ情報を使用せずにプログラムを実行する」を選択

Windows8Wireshark_2

以上です。

インストールが終われば普通に使えます。

お便利でーす

「WEBサーバ→某社の特殊なHAサーバへの接続がたまに切れて困る」と、2カ月もネットワーク屋と喧々諤々やってる隣の部署の人助け。とかにももってこいの Wireshark。

こいつでガチンコ調査してあげれば、たちまち、「VPN 区間のパケットリオーダリングが今の設定だと、これこれこういうパケットを投げた後にTCP接続が切れちゃうんだよ?」と、ネットワーク屋にも分かりやすい言語でお話でき、色々スムースに進む大変よろしいソフトです。

利用の際は、セキュリティ関連の法律・法令や社内規則を守りつつ、本職の方の鼻を折らない様に使いましょう。技術者には正義の心が常に必要ですし、出来る人と思われると後が面倒ですし。

最近はあちこち暗号化され覗きづらくはなりましたが、依然として、問題とガチンコで戦う人には便利なソフトです。

ネットワークとは無縁な管理人ですが、多分もう10年来、致し方ない時だけとは言え愛用させていただいており、開発者の方々には厚く御礼申し上げます。

余談

この手のソフトを使う人が英語が読めない、とは考えにくいのですが、思うところがあったので、情報を整理の上、一応、日本語情報として書いておきました。

参考サイト:
Installing WIRESHARK/WinPCap on Windows 8 RTM - Unleashed - Site Home - MSDN Blogs
WinPcap - The Wireshark Wiki

コメントを記入