last update

Surfaceの日本語サイトが登場。国内発売は近い?

MicrosoftSurfaceTeaser_sh

国内未発売の Microsoft の Windows 8 タブレット「Surface」の日本語サイトがついに登場しました。

すでに25日あたりから東京都内数カ所でティザー広告の掲示が始まっていましたが、日本語公式サイトが登場した事で、いよいよ日本国内でも Surface 発表の機運が高まりつつあるようです。

公式サイトは以下から。

2月26日現在は一枚絵が貼られているだけで、その他の情報は確認できませんが、URLに「deviceteaser」という文字が確認できるため、ひょっとすると、このページで追加情報が公表されるのかもしれません。

Surface は、昨年秋の Windows 8 発売に合わせて海外ではすでに発売されており、そのハードウェアの完成度の高さが評価されている一方で、64GB 版の空きメモリの少なさが問題とされたり、画面後ろのスタンドで立てる形態のためノートPCのように膝上でキーボードを使いづらい点が惜しい。など、海外利用者の声が聞こえてきています。

日本国内での発売時期が海外と比べてズレこんだ事や、この間にかなり進行した円安が国内販売価格と販売に与える影響も気になりますし、また、容量や、Windows RT / Windows 8 Pro 版のラインナップ、日本語キーボードの配列・出来なども、続報が待たれる所です。

なお、Windows RT 版は、Windows 7 以前のソフトウェアとの互換性が無いため、購入にあたっては注意が必要です。

マイクロソフトは 3月1日、「新デバイスに関する記者発表会」を開催予定としています。

コメントを記入