last update 2013年6月15日 9:06

Windows 8で署名の無いドライバをインストールする方法(テストモード無し)

windows8nosignaturedriverinstall_2_sh

Windows 8 で署名無しドライバをインストールする方法です。

以下のエラーが出る場合などの対策となります。

デバイスのドライバーソフトウェアのインストールに関する問題が発生しました。

デバイス用のドライバーソフトウェアが見つかりましたが、このドライバーのインストール時にエラーが発生しました。

指定されたカタログファイルにファイルのハッシュがありません。ファイルが壊れているか、改ざんされた可能性があります。

動作確認は Windows 8 Pro 64bit 製品版にて行いました。

※この記事は、将来追記・更新する可能性があります。

※2013/6/15 再確認の結果を反映して文章ブラッシュアップ。ショートカット追記
※2013/4/16 再確認の結果を反映

Windows 8 でドライバ署名の強制を無効にする方法

※「Win」+「R」キーで「ファイル名を指定して実行」→「shutdown /r /o /t 0」で、「オプションの選択」画面までショートカット可。

「チャーム」→「設定」→「PC設定の変更」

windows8nosignaturedriverinstall_3_sh

「全般」→「PCの起動をカスタマイズする」欄の「今すぐ再起動する」

windows8nosignaturedriverinstall_4_sh

→スタートアップ設定画面になるので「再起動」(この画面が出ない場合もあります)

windows8nosignaturedriverinstall_8_sh

→「トラブルシューティング」

windows8nosignaturedriverinstall_5_sh

→「詳細オプション」

windows8nosignaturedriverinstall_6_sh

→「スタートアップ設定」→「再起動」

windows8nosignaturedriverinstall_7_sh

再起動後、次の画面で、「7)ドライバー署名の強制を無効にする」を選択。(キーボードの7を押す)

windows8nosignaturedriverinstall_1_sh

設定は以上です。

Windows が起動したら、再度ドライバをインストールすればOKです。

「ドライバーソフトウェアの発行元を検証できません」という警告が出るようになりますが、「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択すればインストールできます。(自己責任で)

windows8nosignaturedriverinstall_9

多分、テストモードに入らなくても署名無しドライバをインストールできるのだろう。と踏んではいたのですが、試してみたらやっぱりそうだったのね。という流れです。

この記事への2件のコメントがあります

  1. windows8と古いAndroid端末を使って開発を進めるときの注意点 says:

    3年前

    […] 回の記事は、以下のサイトを参考にさせて頂きました。 Windows 8で署名の無いドライバをインストールする方法(テストモード無し) Windows8/8.1で署名なしドライバをインストールする方法 […]

  2. 徹 says:

    2年前

    助かりました、ネク7にロリポップ5.0.2を入れようとしていたら
    ドライバではまりました 汗

    >再起動後、次の画面で、「7)ドライバー署名の強制を無効にする」を選択。(キーボードの7を押す)

    これって、終了後元に戻そうとしたのですが、いつも、「7)ドライバー署名の強制を無効にする」なんですね。不可逆? それUIがタコなだけ?

コメントを記入

CAPTCHA